スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒノデハヤマガタ:シンガポール陥落

2008.09.03 20:33|アナログゲーム
やー海江田です。

ここのところ、アナログSLGに嵌ってますw

SLGの意味ですが、ここに来る方は大概の方がやってると思われるので説明は省きますw


暇つぶしに初めて買ったのが コマンドマガジン 77号ですw

これの、付録ゲームが、本日の御題『シンガポール陥落』です。

まず、この手のゲームは、一人では遊びにくいのことと、駒とマップが紙製で水に非常に脆いのが難点ですね@@w

マップ
077map01.jpg


弟を相手にやったときのお話でもw


2008年9月1日


本日、海江田帝国軍は英米蘭に宣戦布告をし我が陸海軍はこれを殲滅せんと奮戦奮闘をはじめた。

第一ターン

マレー半島 

日本軍ターンのみ

我が帝國軍は、英国占領軍からマレーを開放するために次の作戦を立てた。
まず、強襲揚陸部隊でコタバルを占領、タイ方面から陸路でジットラへの攻撃し敵防衛網の破壊を優先

対する英国軍は、コタバルを放棄し、ジットラは一部部隊を残し後方に撤退。

我が軍の戦果 ジットラに残留してたインド兵1個大隊の殲滅のみ



第二ターン

英国軍ターン

敵は、後方 ジョージタウン防衛と後方の部隊を前線に移動で終了。

帝國軍ターン

我が軍は所定の目標に沿ってジョジタウンの占領とそれに伴う舟艇機動の活用で一気にマレー半島を南進せんと目論見戦力の集中を図った。

このターンは戦闘らしい戦闘も無く終了。
まさか、この時の温存策が裏目に出るとは。。。。


第三ターン

英国軍ターン

ひたすら塹壕掘り・・・・してたねw
この時の英国軍の動きをしっかり監視しなかったのが後々悔いが残る結果に・・・

日本軍ターン

さて、ジョジタウン目の前で英国軍の分厚い壁に少し作戦変更と考えたのですが時間も厳しいと考えて総攻撃に移りました。

結果

我が軍は軽微な損害で防衛網の突破に成功。さらに、強行軍で手薄な、ジョジタウンの占領に成功


第四ターン

英国軍ターン
敗残兵をまとめてイポー及びカンパールに防衛網を再構築
それと同時に精鋭部隊のオーストラリア軍を投入

日本軍ターン

英国軍の残党を駆逐し、一気にマレー中部制覇に駒を動かすのと同時に、敵の防衛網の裏に出るために舟艇機動を活用。

この時の舟艇部隊に戦力の半分を投入


第五ターン

英国軍
ようやく援軍が到着、この時に、英国軍参謀は起死回生の一打を発動

我が軍の補給路寸断と部隊の孤立を図ったのです!

日本軍ターン

英国軍の動きにあわてて、部隊の再配置をしましたが。。。。。

結果、我が軍は戦わずに3個大隊の部隊を損失

第6ターン

英国軍
日本軍の分断に成功はしても、未だ不利は変わらず
カンパール防衛の部隊を後方に下げて日本軍別働隊との決戦に備える

日本軍

3個大隊の消滅で開いた戦力を埋めきれずにイポーに篭る英国軍を撃破

しかし、別働隊も補給路の寸断を恐れてポートセッテンバーから動けず

結果、イポーは取れても、戦況に大きく貢献できず

第7ターン
英国軍
ユニットの積み上げでひたすら防衛

日本軍
英国の防衛の前に悪戯に損害を出す羽目に

結果 何も進展せず

第八ターン
英国軍
ここまでくるとポイントで優勢なのでひたすら逃げに徹する

日本軍
ひたすらポイント獲得のために前進前進

最終結果

英国軍がポイント132で勝利。


まー一応の流れを書いて見ましたが、読み返せば返すほど情けない負け方ですね・・・

次回はルールをしっかり理解してがんばりたいかなw









スポンサーサイト

アナログの薦め

2008.09.03 00:38|アナログゲーム
いやーエライ久しぶりのブログですw


最近は、信では新キャラ育成に嵌り、リアルではアナログゲームに嵌ってます。


まー家族は呆れてますが・・・・・・・・何時もの病気が始まったと・・・・・・・・・


アナログゲーム(ボードゲーム)は、一人では遊べないので手短で暇してる兄弟が餌食にwww

本当は紹介したいのですが、時間と睡魔に勝てないので明日以降にでも・・・w
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

海江田菊太郎

Author:海江田菊太郎
信長の野望オンライン烈風サーバー&いろいろなことにおける海江田一族の野望

趣味の模型やゲーム等も載せています。

一部の方には政治的に御見苦しいようですが、海江田一族は保守系の人間ですのであしからず。




「『信長の野望 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーに帰属します。」
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は、『信長の野望 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

アマゾン

自由テキスト

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

MHP2G

Blog Pet

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。